blog index

鎌混ブログ

鎌倉市民混声合唱団公式ブログです
<< ハナミズキ  | main | いつも何度でも >>
翼をください

ソプラノK@管理人です。
クリスマスコンサートまで、あと残すところ2回の練習です。
自宅練習もしっかりとがんばってますか?
今回は、『翼をください』について調べてみました。

山上路夫作詞・村井邦彦作曲
1971年にフォークグループの赤い鳥が
『竹田の子守唄/翼をください』のB面としてを発表しました。
その後音楽の教科書に載るようになり、有名となりました。
今では、年齢を問わず誰もが歌える愛唱歌ですね。

…なんて、簡単に考えていたら
世の中にはいろんな方向から見る人っているんですね。
ちょっとびっくりした意見を見つけました。
『翼をください』って反社会的な歌なのに、なぜ老若男女を
問わず平気で歌い、教育現場では子供たちに歌わせるのかって?!
なんともキナくさい話ですが

悲しみの無い 自由な空へ
翼はためかせ 行きたい

これが自殺願望を持つ現実逃避の歌に聴こえるらしいんです。
たしかにそう取れないこともないんですが、時代背景を考えると
違うような気がします。

『翼をください』が作曲されたのは、1971年です。
そして、ちょうどこの曲がヒットした頃は、70年安保闘争に敗れ、
学生(若者)が虚無感に苛まれていた時代でした。
日本では、よど号ハイジャック、浅間山荘事件が起き
海外では、ベトナム戦争が泥沼化している。
何を心の拠り所にしたら良いかわからない、
希望を見出すことのできない暗い時代です。
(って私は知識でしか知らないですけどね^^;)
そんな背景から考えると、疲れた心を開放させるための
歌だったのかもしれません。

光が見えない暗い(時代の)世の中で
自由に何ものにも縛られず 
軽々とした心で過ごしたいという希望が
こめられていたのかもしれません。
希望に満ちた歌だと断言できると思います。

余談ですが、「赤い鳥」なのに白い翼なんですね(笑)





ランキングに参加中です。
読んだ方は【合唱】というアイコンを ぽちっと押してくださいねラブ
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへにほんブログ村



| 鎌混 | あてんぽ | 11:55 | comments(0) | - |
コメント
コメントする



bolg index このページの先頭へ